SMART CANVAS X8
" 時ってなんだろう?"

2010年10/28~11/3に東京ミッドタウンにて開催されたSeiko Epson Smart Canvasの展示は
好評のうちに幕を閉じました。御来場ありがとうございました!
"時ってなんだろう?" というテーマで、8人の作り手がそれぞれに腕時計をデザインしました。


SCwatch8

左から(敬称略) 紫舟、廣村正彰、植原亮輔+渡邊良重、中村勇吾、WOW、横山裕一、木野鳥乎、谷川俊太郎 作品


展示のようす

booth  こんなふうにブースが並びました。
 窓の中を覗くように展示されています。
 上からみると、仕組みがわかります。
 窓の中を覗くと、腕時計が宙に浮かんで入るかのよう。背景にはグラフィックを大きく拡大したスクリーンが。

 スクリーンには内側から光があてられて、ブースの反対側から見てもクッキリ。

booth
tokimeki1
 実物のほうがキラキラしています。鏡の効果で万華鏡のようです。

booth


出品作"トキメキメラ"について

SCwatch  腕時計というカタチ絵本をつくるとしたら?と考え、ページが分割された"あそび絵本"をイメージしました。ここでは0~9の数字が動物に置き換えられています。時刻は10の位と1の位の数字を担当するそれぞれの動物の"半顔"や"半身"の組み合わせで示されるので、1分ごとに奇妙な複合動物(キメラ)が現れます。この変換を楽しみながら読みとりスキルを上げていけば、そのまま実用的な時計に。
 会議は「ブタサル時ネコネコ分」には終え、友人との待ち合わせは「ブタコウモリ時コアラネコ分」にミッドタウンで、終電は「ネコウサギ時ミミズクパンダ分」だから気をつけてね!

demo
 今回プロトタイプの展示では、これら9場面のみが表示されました。さて何時を示しているでしょう? 24時間表示で、上の小さい動物が「時」を下の大きい動物が「分」を意味しています。
 展示では未発表でしたが、ココで動物↔数字対照表を見ると、答えがわかります!



back to "exhibitions" menu
back to "home"