イラストレーション・絵本・展示などの御案内

2013年5月アーカイブ

ひとふで描きの絵本


cover_open.jpg

 先日ここでご紹介した未発表の絵本について。最初は『ひとふでロンド』と仮題をつけていましたが、『せかいはめぐる めぐりあう』に変更しました。手で製本したダミーの写真を掲載します。写真では少し線が薄く見えますが...... (既に撮影してあったフランス語版)。出版社募集中です!

 オレンジの線は「風の少年」を、ブルーの線は「波の少女」をいざないます。2色の線が絡み合って各ページにシーンを展開し、真ん中のページでふたりが出会います。線はそれぞれ本を一周して輪になっているので、終わりも始まりも (表紙も裏表紙も) 無く、延々と巡ります。


center.jpg

センターページで出会う


front_open.jpg

蛇腹仕様で作ってみました。これを伸ばすと本が「輪」になります。

WEB版つくりました(2014.12)。

 全ページがつながった「輪」がループスクロール画面で見えるようになりました。


 こんな感じで、ひとふで描きの2本の線によるイラストレーションも描きます!  

ひとり旅の食事

0116_P002_matin.jpg

 ブログでもtwitterでも「こんなゴハン食べました」なんて写真が多いのですけど、あまりに贅沢で美味しそうな食べ物を見せつけられた時は、羨ましさでついついヒガんでしまいませんか? いずれにしても、自分のお腹に入らないものなんて、ねぇ......。

 そこで " Who cares what I eat !? (私が食べたものなんて)" と題して、1月の(遅 ! )パリ・ミラノ旅行の際の食事の写真ばかり集めました。パリではアパートで自炊とテイク・アウトが基本、ミラノは部屋に冷蔵庫のないホテル泊だったので苦戦......そして時には友人とともにレストランへ ...... 無駄なく無理なく楽しくお食事できるように頑張った? 記録です。


4月のご挨拶、保存

4月、眠れぬ夜から目ざめるときに


KinotoriLogo_bccks.jpg

 花冷えという言葉がまさにぴたり、の4月のはじまりです。東京の桜もあっという間に満開になり、たちまち散りはじめ、時の経つ早さを見せつけられて心ははやるばかり。そんな折、ものおもいに耽る夜もまたよろしいかと......『だれも知らない森を思う』をBCCKSにて公開しました。今まで断片的にイラストレーションを公開してきましたが、絵本としてまとめてお披露目するのはこれがはじめてです。ぜひ見てみてください。

 そしてこれを機にBCCKSで「書店」公開しました。このページの画像はそのロゴ。今までBCCKSで作った絵本を並べています。「書店」といっても、これらの電子本をオンラインで読むのは無料です、お気軽にどうぞ。 

 3月末に「イラストレーションファイル2013」が発売された(リンク先は「上巻」)のを機に「イラストレーション・ファイル WEB」のギャラリー・ページも久しぶりに更新しました。こちらも見ていただければ幸いです!

 

 東日本大震災〜原発事故は、それ以前のあの「永遠に続くような、まったり感」に水を浴びせかけられたかのような出来事でした。漫然と、あればあるだけエネルギーをむさぼるような生活には無理があった (それは誰かの犠牲の上に成り立っていた)と、多くの人が気づいたはずです。ここへきて「イケイケの国」を目指すのは、なんか違うのではないかな。

 

 きのとりこ/ kinotoriko

2013. 4.1.

1