イラストレーション・絵本・展示などの御案内

もりっとした絵具

work01.jpg
 先日、「ペンキ塗り立て」でご紹介した、ちょっと「もりっとした」テクスチャーですが、その画材はコレです。
サクラクレパスから出ているデコレーション・ペン「エスピエ」
 ペンに番号を記してあるのは、だいたいどのくらいの量でどのくらいの絵が描けるのかを知るため。本体のシールを剥がしてあるのは、残量をチェックするため。光に透かすとうっすら見えるのです。(もっと見えるとイイナー) 
長い線を描いている最中に、絵具が無くなると困るし、たとえばマヨネーズのチューブが無くなりかけたときにプシュとはじけるあの現象も困る、ということで。でも、このペンの形状がたぶんよく考えられていて、絵具の"落ち感"はとてもいいです。

espie01.jpg