イラストレーション・絵本・展示などの御案内

2019年3月アーカイブ

死神とミツバチ、書店のどこに?

さっそくにご購入いただいた皆さま、ありがとうございます!
そして、置いてくださっている書店さま、ありがとうございます!

maruzen_junku_shibuya_01.jpg
▲丸善ジュンク堂渋谷店では、「イラスト画集・日本」の棚に、チラシと併せて2冊並べていただいています。感謝!!! (撮影許可をいただいて掲載しています)

書店の、どのコーナーに置いてあるのかリサーチしました。
『やさしい死神』は、文芸・エッセイなどのコーナーにあるようです。「死について考える」という特集があれば、ぴったりはまると思います。

『ミツバチと花の迷宮』は、「大人のぬりえ」コーナーが多いようです。たしかに、サブタイトルに「迷路とぬりえ」と謳ってはありますが......どちらかというと迷路のほうがメインで、ぬりえ「も」できるかな、というバランスです。ぬりえ目的の人、塗る部分が少なくてスミマセン(^^;)
また、この本では世界の蜜源植物を紹介しつつ、ミツバチの驚くべき生態や、養蜂の歴史、自然と人間との関わりなどにも触れ、読み物としてもけっこう充実しているのがお勧めポイントです。
ミツバチ、ハチミツ、昆虫、花、世界の植生、旅、地球環境 etc....いろいろなテーマに絡んでいますので、そのようなテーマのビジュアル本に興味のあるかた方の目にとまるような、そんな場所に置かれることを願っています。

これからの卒業〜入学のお祝いなどにピッタリだと思いますので、ぜひ手にとってみてください!
1