イラストレーション・絵本・展示などの御案内

タイムスリップ1991年

2020年の今、過去の作品を出品する機会を得ました。
3月11日(水)〜21日(土)

▼ご案内状 イラストレーションは川村易さん
DIX-HOUSE001.jpgディスハウスは、長年お世話になっているデザイン事務所です。まだキャリアも浅い頃に、公共施設の壁画(茂原市ケアセンター/新宿区柏木区民センター)などを描くチャンスをいただき、経験を積ませていただいたのはとても有り難いことでした。そのディスハウスが、46年続いたオフィスをこの3月で閉じることになり、このたび事務所をギャラリーに模様替え、ゆかりの作家たちの展示をします。私も声をかけていただいて、「あの頃」の作品を再び展示することにしました。1991年に発表した「鏡像」展出品作の1部です。
 また、粟津潔氏や一柳慧氏の、ここでしか見られないような作品もあり、とても興味深いものになると思います。 期間限定の、オフィス内ギャラリーですが、一般の方も入場できるそうです。 表参道液A1出口を出て、最初の角を左折、右手にあるこぢんまりした白い2階建ての建物です。(もっと歩くとクレヨンハウスに着く道)
●展示は盛況のうちに終了いたしました。
出品作家でもある山内みゆき氏(美術造形。空間プランナー)が、
私の作品を撮ってくれました(下3点とも)
dixhouse2020_web01.jpg
dixhouse2020_web02.jpg
dixhouse2020_web03.jpg
背後の壁面、左から展示主催者の清水まこと氏(ドローイングやオブジェ)、粟津潔氏(印刷前の入稿原稿など)、一柳慧氏(グラフィック・スコア)の作品群です。