イラストレーション・絵本・展示などの御案内

すべてを見る(新着順)の最近のブログ記事

フランスからの、切り絵絵本 第2弾


PT_Lanuit_covers.jpg

写真左が今年4月に発刊された " Quand Petit Tomo dort " 「ともくんが眠る間に」。そして写真右がこの9月に発刊された " La nuit, ailleurs "「夜のどこかで」です。 2冊とも、Grandir(グランディール)社Papiers Coupés (パピエ・クペ) というシリーズの中のタイトル。レーザーカットのイラストレーション、蛇腹折り、布製の手製本で、少部数ずつ制作されています。


どちらの本も舞台は満月の夜、この世界のどこかで息づく生命の物語。カットされた表紙カバーからのぞく紙の色は、「ともくん......」がブロンズ色。「夜の......」が明るいシルバー。両方とも月光のイメージです。カットされた形の重なりや、光と影がうみだす効果をお楽しみください。


このシリーズの他の本(PDFカタログ) と同様に繊細な作りゆえ、フランスでもアート系の書店やギャラリーなど限られたところで販売しているとのこと。amazon.frでも扱うと聞いているので、分かり次第こちらで報告します。 


Lanuit_zigzag04.jpg


2017. 9.13.


フランスから切り絵絵本 第1弾



PTbook_cover.jpg
2017年4月、フランスの出版社から絵本が発刊されました。 南仏のニームにある Grandir(グランディール)社Papiers Coupés (パピエ・クペ)というシリーズの中の1冊です。パピエ・クペ =「切り抜いた紙」という名のとおり、イラストレーションはレーザーで切り抜かれています。蛇腹折り、布製の手製本で、少部数ずつ制作されています。

タイトルは " Quand Petit Tomo dort " 「ともくんが眠る間に」。少年がベッドの中から窓の外をみると、今夜は満月。そのころ夜行性の動物は......。光と影の効果で、いろいろな表情を見せます。詳しくはコチラへ! 
つづいて第2弾も発売予定です。

私の作品はまだ出版社のサイトには出ていませんが、シリーズの他の作品のカタログはこちらです。とても美しいシリーズなので、日本でも買えないかしら、どこかの書店さんやギャラリーがこのシリーズを輸入&展示販売してくれないかしらと、期待してます。
2017.4.4

PT_zigzag03.jpg


パリの写真を展示


Libé_flier.jpg

イラストレーションではなく、写真展を開いています。
自由ヶ丘のフランス語会話学校「Libé (リベ)」のサロンにて。校長のロラン (私の最初のフランス語の先生) が、フランス旅行の写真をこのHPで見て、声をかけてくれたのでした。パリで撮ったものばかり10点ほど、展示しています。期限はまだ未定。少なくとも2~3ヶ月は続くでしょう。一般には公開していないので、追って少しずつ、ここに載せて(3/24更新)いこうと思います。

タイトルは「パリ---やわらかな孤独」
このサロンでの一つ前の展示、フランス人が撮ったパリ市民 --- 出版社襲撃事件のあと集結し、声をあげる人々--- の姿でした今回は少し雰囲気を変えようと思いつつも、この傷む世界を意識しないではいられません。
群衆から個へ。孤独の中で思いをめぐらせ、共感の意味を考えること --- をテーマに、過去に撮った写真の中から選びました。

以前にWEB上で公開した写真絵本( BCCKSの古い仕様です)『彫塑さま』もどうぞ。


2017. 1.14.


2017 丁酉 (ひのととり)



kino17_greetingJ.jpg


2017年 今年もよろしくお願いします。

制作足かけ4年目の絵本が完成間近で、今年は出版できるはず!と意気込んでおります。

フランスの出版社と進めている切り絵絵本も大詰め。

昨年まで「潜伏」してコツコツ作ってきたものが、今年は発表できそうです。

昨年、アップしそびれていたダブルひと筆書き新作、こちらもご覧ください。



2016.1.3.

いたばし国際絵本翻訳大賞

 絵を描く本業とは別の話題ですが、「いたばし国際絵本翻訳大賞」のイタリア語部門に応募して、このたび「特別賞」をいただきました。もちろん、この課題図書 "la nave" は私の作品ではなくて(念のため) 、イタリア語で書かれたこの絵本を、日本語に訳したのです。私自身絵本をつくりながら、ゆくゆくは世界のすばらしい絵本を日本に紹介できるようにもなりたいので、次回も応募してスキルを磨いていきたいと思います。


2016. 3.8.


2016新年のご挨拶 保存



2016webnenga_J.jpg


新たな年を迎えました。今年の干支は丙申(ひのえさる)。皆さまにとって幸多き年になりますよう願っています。

嬉しいニュース、楽しいニュース、心温まるニュースが増えるといいですね!
今年も丁寧な仕事を心がけ、ご期待に添えるよう努めますので、
木野鳥乎の イラストレーションも、どうぞよろしくお願いいたします。

ちなみに昨年はコレでした。

これまでの年賀状などポストカード類はココに。


2016. 1.3.

ギャラリー・エフの閉廊によせて

 いつものようにギャラリー・エフから展示の御案内ハガキがとどいて、「あ、次回は北田哲也さんだ」と思ってよくよく見たら、ギャラリー主宰者の言葉として「突然ですがキャラリー活動を終了します(抜粋)」との添え書きが印刷されてある。いろいろな思いと事情、なにかの潮時を感じて閉じる決心にいたったようだ。最後の展示は12月11日(金)まで。


 エフでは個展を企画で3回開いてもらい、新春恒例企画のイラストレーター100人による同テーマでの競作展にも10回参加させていただいた。イラストレーターの仕事が少し軌道にのりはじめ、次のステップへと絵本をつくりはじめたのが今世紀(!)初頭、そのころから今に至るまで、新しい試みやチャレンジをいつも応援していただいたので、私にとってホームグランドのようなギャラリーだった。ありがとうございました!

感謝をこめて、ギャラリー・エフでの展示をふりかえりたいと思います。

*3回の個展* (画像は案内状、左から)


nanairo_DM.jpg

Amaze-DMa.jpg
rondo_DM.jpg

















新学期のユウウツ

『わたしの優しい死神』から

もう9月ですよ!今日の画像はコレ。

過去作品ですが、9月1日。人によってはツラいツラい新学期の始まりに捧げます。


LaMort014.jpg

LaMort10.jpg

長い夏休みのあと新学期の前は、ツラい。
この日この時期、学校に行くくらいなら死んだほうがマシって、
思っちゃう子が多いんだろうな。
本当は死ぬくらいなら学校行かないほうがマシ、なんだけど。
私は小学校がいちばんイヤだった。でも学校に行かなくなるのも怖くて、通い続けた。
誰にも相談する気もないから、私はよく死神を呼び出して、たくさん話を聞いてもらった。

DWcover.jpgのサムネール画像
tendre_cover.jpgのサムネール画像


そんな体験をもとに書いた本が 『わたしの優しい死神』です。
読んだところで悩みの解決にはなりません! でも、自分のそばにも相談相手がいるのかも、って 思ってもらえるかな。 

あと、ここにもいくつかのページをご紹介。

6月のお知らせ、保存

『ビブリオパイカ』カバーイラストレーション


BP_cover_w.jpg
 
6月25日に、斎藤環氏の書評集『ビブリオパイカ』が発売されます。
カバーイラストレーションを担当しました。ぜひ手にとってご覧ください。

同じ「ぐるぐる」系から、あらためてご紹介。
先日の「ヨガスタジオ・ロゴ」とweb版「せかいはめぐる めぐりあう」

それから、ひきつづきこのメッセージを貼っておきます。

3月のご挨拶、保存

3月 桃源郷に思いをはせて


icon2015_march.jpgのサムネール画像

3月になりました。

新年の願いが空しくなるようなニュースがつづき、「そういう気分になれなくて」1月からサイトも更新できないままでしたが、今年も早春の花々が咲きはじめ、めぐりくる季節の美しさと有り難さをあらためて感じています。
イラストレーションファイルWEBニュースというサイトが始まります。その中の記事=技法のハウツーで、紹介されました。かなり詳しく「水彩コラージュ」の描き方を見せています。
ここでは、イラストレーションファイルWEBの私自身のギャラリーページのトップ画像を描きました。テーマは「多幸感」、桃源郷の入口のイメージです。

取材を受けて感じたことなどを綴りました。(3.15)







今月、東日本大震災から4年の月日が経とうとしています。それ以前と以後で、世界の見え方がまったく変わってしまいました。
でもそれは、それまで目をつぶっていたことに気づいただけのような気がします。
気づいたことの多くは、無力感をともなうことばかりでした。そして、そんな出来事が積み重なっていくばかりのようです。
でも、せめて目を開け続けなくては、と、折にふれて思うのです。開けていなくては、美しいことにも気づくことはないから。



きのとりこ/ kinotoriko

2015. 3.5.

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11