作品をテーマ別に見ることができます。旧サイトhttp://www.kinotori.com/selected-works.htmlも併せてご覧ください。

2013年6月アーカイブ

宇宙時代の美意識

MirM_cover.jpg

 2002年の仕事です。立ち上がったばかりのNPO法人に関わる機会があり、その機関誌の企画に参加して、ディレクション〜デザイン・編集・イラストレーションを担当することになりました。

 宇宙時代で暮らすことが夢物語ではないこれからの時代、「技術や生活の変化に伴って、ものの考え方や美意識も変わるだろう」という切り口で毎号テーマをしぼり、続けて発行していく予定でした。ですが、なにしろ人材不足 (私が編集しているくらいですから! )、ゆえに創刊号で立ち消えに!ココロザシを宣言したのみで終わってしまいました。タイトルの「ミールメチティ」はロシア語の「ミール(世界)」と「メチタ(夢)」を組み合わせた言葉だそうです。



ノンセンス・イノセンス・サイエンス

1990年、HBギャラリーで開いた初個展のタイトルです。↓展示のようす


NIS_gallery.jpg


 当時、ことば遊びの本として好きだったエドワード・リアの『ノンセンスの絵本』をはじめ、小さい頃に読んだ『不思議の国のアリス』『鏡の国の国のアリス』が "ノンセンス文学" として位置づけられると知ったこと(高橋康也著『ノンセンス大全』晶文社)、アリス本にマーチン・ガードナーが 数学者としていちいち細かな解説をつけていること、物理学者ジョージ・ガモフがその著書『トムキンスの冒険』で愛嬌のあるイラストレーションまで描いていること......それらをむさぼるように読み、文系の私がはじめて "科学" を楽しいと思った、その興奮とともに出来上がったのが、この個展でした。

宇宙飛行士会議

2003年、東京・日本科学未来館で開催された「第十八回宇宙飛行士会議のイラストレーションと、そのポスター。前へすすむ勇気とそれを支える知識を、女の子と男の子で表現しました。その年の初めにスペース・シャトル / コロンビア号の事故で亡くなられた7名の宇宙飛行士を悼み、七つの星を描きました。
ポスターには、参加した世界各国の宇宙飛行士たちの直筆サインが書かれています。

aseposter.jpg
ASEposter_18.jpg


1