作品をテーマ別に見ることができます。旧サイトhttp://www.kinotori.com/selected-works.htmlも併せてご覧ください。

ノンセンス・イノセンス・サイエンス

1990年、HBギャラリーで開いた初個展のタイトルです。↓展示のようす


NIS_gallery.jpg


 当時、ことば遊びの本として好きだったエドワード・リアの『ノンセンスの絵本』をはじめ、小さい頃に読んだ『不思議の国のアリス』『鏡の国の国のアリス』が "ノンセンス文学" として位置づけられると知ったこと(高橋康也著『ノンセンス大全』晶文社)、アリス本にマーチン・ガードナーが 数学者としていちいち細かな解説をつけていること、物理学者ジョージ・ガモフがその著書『トムキンスの冒険』で愛嬌のあるイラストレーションまで描いていること......それらをむさぼるように読み、文系の私がはじめて "科学" を楽しいと思った、その興奮とともに出来上がったのが、この個展でした。

NIS_sunny.jpg

 デジカメ以前の頃だったので、出品作はほとんどポジで "どこか" に保管されたまま。会場内と発泡スチロールに着色して作ったオブジェの写真をスキャンしたもの、セレの津々井良さんに刷ってもらった(贅沢な!)シルクスクリーンのB全ポスター3点の複写だけ、とりあえず掲載します。(シルク、実物はもっとキレイです!)


NIS_poster.jpg


  今でも作品製作の原点となっている展示です。(ポスター、よい状態でだいぶ余っていますよw)