作品をテーマ別に見ることができます。旧サイトhttp://www.kinotori.com/selected-works.htmlも併せてご覧ください。

めぐりめぐる2本の線

WW_cover_long.jpg

 『ときどき、世界はこんなふう(Sometimes, I See the World as ......)』についてしばらく連載します。

 まずは、(写真左から)裏表紙・表紙そしてそれにつづく最初の見開きのご紹介。ブルーとオレンジ、それぞれ一筆描きの線が重なり合ってひとつの絵になっています。

 なぜこのような絵を描きたくなったかというと......よく思い出せないのですが、たぶん、いつも絵を描く前のウォーミング・アップとして無意識でグルグル描く一筆描き。それがたまたま重なったのを見たときに、「あ!」と思った気がします。そして意識的に描いてみると、なにかとても生命の根源的なものと結びついている気がしてきました、2本で循環する線が。世界は「対」できていて、そして巡っているような。右と左・天と地・東西と南北・呼気吸気・陰と陽・二重螺旋etc ..... 渦巻き、撚れて、ときには絡みながら、循環する世界のイメージです。


WW_cover_B.jpg
 線は細い水彩筆に黒インクで。呼吸を整えて(なるべく)一気に描いています。
 同じ下描きで、あの油性サインペン「マッキー」で描いたヴァージョンもありましたが、これは大きい画面に向いているだろうと、今回の冊子では使用しませんでした。コレです→

ぐるっと一周する支持体......お皿とかマグカップとか袋とかに合うと思うのですけど如何でしょう。


つづきはこちらへ