作品をテーマ別に見ることができます。旧サイトhttp://www.kinotori.com/selected-works.htmlも併せてご覧ください。

『やさしい死神』

lamort_bookface_web.jpglamort_dm_cut_web.jpg2019年2月4日立春に『やさしい死神』が発売されました。この本の原型は、2009年に日本で『わたしの優しい死神』(木耳社)、フランスで "Tendre est La Mort" (Éditions Sarbacane) という題で出版されました。フランス版はその年にLIBBYLIT賞(ベルギーにおける仏語絵本最優秀賞)を受賞し、その後イタリア語、中国語に翻訳されました。国や言語が違っても、共感を得られるテーマなのだと、私自身が考えさせられました。 (リンク先は旧サイトのページで、上記の2冊は現在、日本でもフランスでも売られていません)

それから10年が経ちましたが、このテーマは「今こそまた世に出すとき!」と、熱いエールを受けて、新装版が千倉書房より出版される運びとなりました。
ブックセラピストの元木忍さんから受けたインタビューです。"ひとりで頑張っている"ひとへ。

出版に先行して2月2日に、イベントが行われました。昨年末、千倉書房より『薔薇を脱ぐ』を出版したmajoccoさんと、ゲストにファッションクリエイーターのmillnaさんをお迎えしたトークイベントです。過去記事ですが以下に詳細があります。