作品をテーマ別に見ることができます。旧サイトhttp://www.kinotori.com/selected-works.htmlも併せてご覧ください。

2020年3月アーカイブ

"鏡像"展 1991

1991年、ギャラリー・ニッシュ(国内外のデザイナーのジュエリーやインテリア等を扱っていた店)にて「鏡像」展と題して発表した作品です。当時、興味をもっていた理論物理学から着想を得ましたが、それは、G・ガモフの『トムキンスの冒険』や、マーティン・ガードナーの『自然界における左と右』、さらにガードナーが科学的アプローチでマニアックな?注釈を添えまくった『不思議の国のアリス』(石川澄子訳)『鏡の国のアリス』(高山宏訳)---現在は2019年12月刊『詳注アリス』(高山宏訳)が入手可能---等の影響でした。世界の見方が変わる、翻って自分とは何かを考える、その面白さをなにか形にしたくて、鏡を使った作品をいくつか作りました。30年ほど経た今、私自身も「他人の目」でみることができる状態ですが、熱い思いの伝わる作品群ではないかと感じます。
以下は当時の案内状に書いたことばです。

鏡像
鏡をくぐりぬけて 左右あべこべの旅にでる
実像と虚像 ユメとウツツ 世界と反世界
サテ、 わたしたちは今 どちら側?

leftright.jpg
「左と右の偶然 Left In the Right Side」

1