作品をテーマ別に見ることができます。旧サイトhttp://www.kinotori.com/selected-works.htmlも併せてご覧ください。

すべてを見る(新着順)の最近のブログ記事

プチノエル展出品作 2

プチノエル展(2018/12/1~12/5 表参道ギャラリーニイクにて)にて展示販売したブローチをご紹介します。
まずは比較的小さなシリーズ16点。すべて手作りの1点ものです。(最後のもの以外売却済)

br_trianglestar_web.jpg
三角星

br_floartinfstar_web.jpg
はぐれ星

br_redstar_web.jpg
赤キラ星

br_cloud_emerged_web.jpg
雲間の月

プチノエル展 出品作

「天体夜話」
今回のグループ展で、個人的に設定したテーマです。
街ではイルミネーションが輝き、夜空を見上げることも多くなるこの季節、視界を超えた先にあるかもしれない、さまざまな煌めきをイメージして形にしました。どこか知らない森でざわめく木々や、だれも見ることのなかった彗星や流れ星......今夜もたくさんも物語が紡がれ、消えてゆきます。
出品作を一部ここに掲載します。

framed_small_web.jpg
「葉の中の宇宙」シリーズと「彗星の羽根(炎) 」(右上)
ひとつひとつが、長い部分でだいたい100mm〜120mmほどの大きさのブローチです。

moon_survay_web.jpg
「月の測量」
壁掛け用オーナメント。額の大きさが天地230mm×左右180mm。
フレームから外して、中のオブジェだけ他のところに吊すこともできます。

HEALTHIST「ノーベル医学・生理学賞」の特集

Yakult社の発行する健康情報誌「ヘルシスト」英語版表紙イラストレーションを担当しました。

covershot_for_web_small.jpg
 2018年10月、本庶佑氏がノーベル医学生理学賞を受賞されたタイミングで発行されたものが、偶然にも同賞に関する特集。歴代の日本人受賞者の他、この分野に貢献された方々に関する記事が満載です。

『吐田家のレシピ』カバーなど

渡辺浩弍著 星海社『吐田家のレシピ』のカバー、表紙、本文扉絵などを描きました。
装幀はヨーヨーラランデーズさんです。
いろいろあってシングルファーザーになった、吐田君とその娘グミコさんの父子物語です。ふたりの間の空気感の変化や日常の機微を2本のひと筆描きの線(どちらがどちらの人物というわけでなく)表現できたらと思いました。温かく見まもりたい登場人物たちです。

ところどころ水彩のモチーフを配しました。

cover_front_back.jpg

表紙と裏表紙は続いています。↑
もっと言うと、両袖まで繋がって、丸めるとループします。↓

cover_frontback.jpg

パナソニック ミュージアムのビジュアル

Pmu_goods01b_web.jpg
2018年創業100周年を迎えたパナソニック株式会社は、この節目にそれまでの「松下幸之助歴史館」を建替え、3月に新たにパナソニック ミュージアムを開館しました。その「パナソニック・ミュージアム:松下幸之助歴史館/ものづくりイズム館/さくら広場」のリーフレット等のイラストレーションを担当しました。写真左上から右回りに、紙袋・リーフレット・封筒・ビニール袋(大/小)です。繊細すぎて見えにくい(!?)
画像をクリックすると拡大表示されます。

Pmu_bag_01b_web.jpg紙袋のイラストレーションは、表から裏へと繋がっていてループしています。

パナソニック社の理念を表す3つのP="Person, Products. Philosophy" をそれぞれブルー、ブラック、グレーの線で表しています。その3本の線が絡み合って様々なモチーフを構成しながら、繋がっていく......連綿と続く歴史、受け継がれる企業理念をイメージしています。3色なのでちょっと変則的なダブルひとふで描きの手法です。

『音律と音階の科学』カバー



music_bookphoto_web.jpg

music_bookphoto_obi_web.jpg

講談社ブルーバックス『音律と音階の科学ー新装版』のカバーイラストレーションです。オレンジ色の線と紫色の線が、それぞれ一筆描きでループになってる、ダブルひとふで描きの手法です。右はオビが巻かれた状態。オオカミとバイオリンが飛び出て、ちょっとだまし絵風に見えます。


初期の音楽教育をドレミ......で習ってきたので、「ドとレの間にある高さの違う無限の音」の存在を忘れていたのですが、自然界の音はなだらかなスロープ上にあって、それをドレミなどの階段(=デジタル)にしているのは、人がつくったルールなのでした。
そんなことにあらためて気づかされた本書より、絵のモチーフに選んだのは:
ピアニスト、12段で一周するらせん階段、アナログ楽器としてのバイオリン、自然界の音としての小鳥のさえずり、「ウルフ」と呼ばれる不快な音...など。

講談社ブルーバックのシリーズでは他に、『細胞の中の分子生物学』『世界名作数理パズル100』のカバーを描いています。

『ちはやふる』文庫版カバー

bookphoto_three.jpg
原作は漫画、映画化(2018.3.17公開)もされた『ちはやふる』のノベライズ文庫版3部作のカバーイラストレーションを担当しました。右から「上の句」「下の句」「結び」。背景の水の流れの文様(観世水-かんぜみず-文様)が、3部を通じて繋がっています。

『世界の名作数理パズル100』


math_bookphoto_B.jpg
math_bookphoto_F.jpg

タイトルどおり、パズルの名作選です。パズル通のかたは絵を見て「あのパズルだ!」と分かるかも知れません。
私は全問トライしましたが......問題文の読解にすら苦労しました( ! )

BB_mathpuzzle_foweb.jpg

表紙から裏表紙まで絵が繋がっています。





年賀状2018 戌

kino18_mail.jpg

年賀状2017 酉

丁酉

nenga17.jpg

1  2  3  4  5  6  7  8  9