作品をテーマ別に見ることができます。旧サイトhttp://www.kinotori.com/selected-works.htmlも併せてご覧ください。

すべてを見る(新着順)の最近のブログ記事

Gallery EF 2001: 二十世紀のタイムカプセル

The Time Capsule of 20th Century

2001_capsule.jpg
「21世紀へ......」

  前世紀(!)の年末、ある1枚のFAXが届き、ギャラリー・エフでの新春企画への参加を打診された。どこで私の作品を見てくれていたのか、ギャラリー主宰の猪瀬さんから、はじめて声がかかり、緊張したのを覚えている。
 テーマは「20世紀のタイムカプセル」。過去から未来に向けて希望の持てるような作品にしたく、タイトルは「21世紀へ......」。このイラストレーションは、2001年元旦の新聞のなにかの特集の記事に使用された。こうして、この年から新春企画展にほぼ毎年参加することになる。(2002年は同ギャラリーでの個展を控え、そちらに集中するため不参加)

ちょっと和風

さきごろ2015年11月 "Musical Action Entertainment 倶利伽羅" のロンドン公演、と同時にそのサウンドトラックCD "倶利伽羅 The Legend of Zipang / 佐橋俊彦" が発売されましたが、そのCDブックレットの中でイラストレーションを描きました。ストーリーの説明のところで、登場人物たちを紹介しています。



Shika.jpgのサムネール画像



鹿姫

Ocho.jpgのサムネール画像

お蝶

Oino.jpg
お猪


Isshin.jpg
一心



Nobunaga.jpg
ノブナガ




battleblood.jpg

対決



Taisen.jpg
ノブナガvs.一心

『ビブリオパイカ』のカバー

BP_front_side01.jpg
 斎藤環氏の書評集『ビブリオパイカ』が6月25日に発売されます。カバーイラストレーションを担当しました。昨年の展覧会を見てくださったデザイナー粕谷浩義氏のディレクションで、ダブルひとふで描きの手法を用いました。この本のオビには「書淫濫読 縦横無尽」のキャッチコピーが。あらゆるジャンルの書物をめぐる、知的に淫らな?この書評集のイメージが伝われば幸いです。

BP_spine.jpg
BP_back_side01.jpg
 厚みがあるので、本だけで立ちます!背は「書棚に並んでいても手にとって」と願って、こんな感じに。

ヨガスタジオのロゴ


Cococitta_Logo_color.png


「cococitta(ココチッタ)」という名のヨガスタジオからの依頼でつくったロゴのご紹介です。「ここちよさ」を感じさせる名音のなかには、サンスクリット語の「citta=心」が織り込まれています。鳥のイメージで、というリクエストがありました。陰陽のエネルギーの巡りと飛翔のイメージを表現できたら、とダブルひとふで描きの手法でつくりました。

スカーフのための素案

今まで作ってきた絵本の技法を活かして、「遊び」をテーマにスカーフのデザインをしてみました。線や幾何学模様の感じがテキスタイルに合うのではないかなと、提案します。

Scarf01.jpg
『ここにいるよ!めいろないきものたち』のなかのモチーフをレイアウト。背景が植物などでもいいと思う。全面がひとつの迷路というのもアリ。

Scarf02.jpg








『せかいはめぐる めぐりあう 』のセンターページを加工して、一画面の中で線が循環するようにレイアウトしました。

タオルマフラーのデザイン

Maruko50-web.jpg
ゴルフ練習場の50周年記念に配られた、タオルマフラーのためのデザイン案2種。
タオルにした場合の「けばだち」を考慮して下の案が採用された。

WEB版『せかいはめぐる めぐりあう』

Cover_Layout_j .jpg

2014年5月のギャラリー・エフ マンスリーショップでの個展『せかいはめぐる めぐりあう』は、もともと絵本になることを想定した作品ですが、2色の一筆書きをたどってぐるぐるめぐるこの本を、WEBならループスクロールで見せられる!と思いついて、つくってみました。>WEB『せかいはめぐる めぐりあう』
両端にある<<または>>にカーソルをおけば、画像の流れる方向が変わり、画面上にカーソルを置けば、流れが止まります。

上の画像は、試作本の表紙・裏表紙のレイアウト。どちらも中ページに繋がって一周します。どちらが表紙でも裏表紙でもいいのですが、バーコードの位置もいちおう想定しておきました。



    青の情熱 The Passion Blue

    frame.jpg
     アンデルセンの『人魚姫』の物語を、人魚姫の視点で読み替え、彼女の綴った恋の歌をイメージしたシリーズ作品です。
     ほぼ一方的に募る王子への思いと、「人間に愛されて永遠の魂を得る」という野心の成就のために、幸運な環境を捨て、自分の大切なもの(=美しい歌声) まで捨てて別世界へと飛び込んでいった、その情熱に敬意を込めて描きました。
    (本文12点+表紙&裏表紙各1点=計14点)
    ◀額装作品(590x275mm) ▼絵本(254x134mm)

    cover1+4.jpg

    子ども部屋の壁画

     Alisa01.jpg

    Alisa06.jpg

    Alisa_horse.jpg

    Alisa04.jpg

    雑貨いろいろ

    postcards.jpg
    ポストカード 1枚¥100

    PCbook02.jpg
    PCbook01.jpgのサムネール画像ポストカードブック ¥500

    cubebox.jpg
    Cube Box
    展開図をのり付けして立方体にすると
    100mm×100mm×100mm
    3色カード付
    ¥500

    tb7a.jpg
    tb7b.jpg


    前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8