作品をテーマ別に見ることができます。旧サイトhttp://www.kinotori.com/selected-works.htmlも併せてご覧ください。

人物の最近のブログ記事

パナソニック ミュージアムのビジュアル

Pmu_goods01b_web.jpg
2018年3月にオープンした、「パナソニック・ミュージアム:松下幸之助歴史館/ものづくりイズム館/さくら広場」のリーフレット等のイラストレーションを担当しました。写真左上から右回りに、紙袋・リーフレット・封筒・ビニール袋(大/小)です。繊細すぎて見えにくい(!?)
画像をクリックすると拡大表示されます。

Pmu_bag_01b_web.jpg紙袋のイラストレーションは、表から裏へと繋がっていてループしています。

『音律と音階の科学』カバー



music_bookphoto_web.jpg

music_bookphoto_obi_web.jpg

講談社ブルーバックス『音律と音階の科学ー新装版』のカバーイラストレーションです。オレンジ色の線と紫色の線が、それぞれ一筆描きでループになってる、ダブルひとふで描きの手法です。右はオビが巻かれた状態。オオカミとバイオリンが飛び出て、ちょっとだまし絵風に見えます。


初期の音楽教育をドレミ......で習ってきたので、「ドとレの間にある高さの違う無限の音」の存在を忘れていたのですが、自然界の音はなだらかなスロープ上にあって、それをドレミなどの階段(=デジタル)にしているのは、人がつくったルールなのでした。
そんなことにあらためて気づかされた本書より、絵のモチーフに選んだのは:
ピアニスト、12段で一周するらせん階段、アナログ楽器としてのバイオリン、自然界の音としての小鳥のさえずり、「ウルフ」と呼ばれる不快な音...など。

講談社ブルーバックのシリーズでは他に、『細胞の中の分子生物学』『世界名作数理パズル100』のカバーを描いています。

『世界の名作数理パズル100』


math_bookphoto_B.jpg
math_bookphoto_F.jpg

タイトルどおり、パズルの名作選です。パズル通のかたは絵を見て「あのパズルだ!」と分かるかも知れません。
私は全問トライしましたが......問題文の読解にすら苦労しました( ! )

BB_mathpuzzle_foweb.jpg

表紙から裏表紙まで絵が繋がっています。





ハナリーナ・ハナリーノ #05

#05は、きせかえシリーズ。ヒマワリ、" らん "、バラです。

Hanarina_Sunflowers.jpg
「きせかえひまわり」左から、つぼみドレス・花ドレス、たねドレス。

Hanarina_ranranran.jpg
「らんらんらん」左から、クンシラン、シラン、ムラサキクンシラン(アガパンサス)。この中でラン科の植物はシランのみで、
クンシラン、ムラサキクンシランはヒガンバナ科だそうです。

Hanarina_3Roses.jpg
「きせかえローズ」左から、つぼみドレス、花ドレス。枯れドレス。それぞれにダンスのポーズで。




ハナリーナ・ハナリーノ #04

子どもたちの登場です。
#04は、ガクアジサイ、ガーベラ、オランダカイウ(カラー)です。


hanarina_gakuajisai.jpghanarina_gerbera.jpg
hanarina_calla.jpg

ハナリーナ・ハナリーノ #03

今回は " ハナリーノ" 。男性たちです。
#03は、ユキヤナギ、モッコクの木、パンジーです。

haanarina_yukiyanagi.jpg


hanarina_mokkoku.jpg






hanarina_pansy.jpg

ハナリーナ・ハナリーノ #02

東京の桜は少しずつ散りはじめ、季節の移り変わりが加速しはじめました。
温かみを増してきた風の中で、さまざまな花が咲き、また咲こうとしています。
#02は、モクレン、サツキ、タンポポです。

hanarina_mokuren.jpg


ハナリーナ・ハナリーノ #01

草木の写真と、線画を組み合わせた、コラージュの「ハナリーナ・ハナリーノ」シリーズをはじめました。
女性はハナリーノ、男性はハナリーナ、ということで。
まずは3点。サクラ・サボテン・ダリア。 #02はこちらです。

hanarina_sakura.jpg


新刊でました"Quand petit Tomo dort"

"Quand petit Tomo dort" 『ともくんが眠る間に』
Grandir社のレーザー工房で製作した、全ページキリヌキの蛇腹本。
文章はなく絵だけで綴った、満月の夜の物語。

PTbook_cover&tobira.jpg
左:表紙 白いカバーの下にはもう1枚、ブロンズ色の紙が巻かれており、
切り抜いた穴から光沢のある色が見える。
右:表紙をめくったところ。トビラのタイトルもレーザーカット。


PT_fromfront02.pngトビラをめくると最初の場面。切り抜いた穴からその先のページも見える。
紙の色は白(アイボリー)



PT_zigzag01.jpg
光が落とす影。ここまでは予想してデザインしていたが......


竜宮城に行けたなら

doublelines_summer16.jpg


 「うららかな日々」の次号、夏の表紙はこれでした。(使用されたものとは色を変えてあります)

南国の海でシュノーケリングやダイビングを体験した時のあの浮遊感、あの光景。陸上とはちがう時空の感触に、浦島太郎の気持ちがちよっとわかるような気がしました。

1  2  3  4  5