作品をテーマ別に見ることができます。旧サイトhttp://www.kinotori.com/selected-works.htmlも併せてご覧ください。

鉱物の最近のブログ記事

不思議の森のノートブック

fushigi2021_front.jpg 「不思議の森のノートブック」の表紙〜挿絵を担当しました。
15cm×15cmの手帖型ムックです。今回は2021年10月〜2021年3月までの暦で、メモなど書きこめるようになっています。この暦の冒頭にくる扉ページに、各月のイメージを描きました。今回はすべて水彩です。
 プロジェクト全体のテーマは「里山」。この冊子は身近な自然の理解を深めるための親子向けイベント等で配布されるようです。

fushigi2021_oct_spread.jpg
▲10月の扉(右ページ) こんな感じの見開きになっています。

fushigi_oct_koyomi.jpg
▲暦のページが続きます。各日に充てられた絵は、昔の博物画等からとられたものです。

HEALTHIST2021の表紙

Yakult社の発行する健康情報誌「ヘルシスト」2021英語版表紙イラストレーションを担当しました。2021版 / 2019版 / 2018版

healthist2021_cover_web.jpg
今回はi「新時代の栄養学」の特集です。
ダブルひと筆描きの手法です。


中学生学習教材の表紙

iWork_assorted_web_kei.jpg

 2021春からの、中学生向け教材の表紙を担当しました。育伸社 「i(アイ)ワーク」のシリーズです。学校教科書準拠教材です。
1年生は、初々しく、伸びやかなチューリップ
2年生は、成長をイメージしたヒマワリ
3年生は、卒業のイメージでサクラ
教科ごとに、「背〜表紙」のバナーの色が異なります。国語=赤、英語=綠、数学=紫、理科≡青、社会=オレンジ(Ⅰ、2年生は地理と歴史に分かれる)になっています。

"鏡像"展 1991

1991年、ギャラリー・ニッシュ(国内外のデザイナーのジュエリーやインテリア等を扱っていた店)にて「鏡像」展と題して発表した作品です。当時、興味をもっていた理論物理学から着想を得ましたが、それは、G・ガモフの『トムキンスの冒険』や、マーティン・ガードナーの『自然界における左と右』、さらにガードナーが科学的アプローチでマニアックな?注釈を添えまくった『不思議の国のアリス』(石川澄子訳)『鏡の国のアリス』(高山宏訳)---現在は2019年12月刊『詳注アリス』(高山宏訳)が入手可能---等の影響でした。世界の見方が変わる、翻って自分とは何かを考える、その面白さをなにか形にしたくて、鏡を使った作品をいくつか作りました。30年ほど経た今、私自身も「他人の目」でみることができる状態ですが、熱い思いの伝わる作品群ではないかと感じます。
以下は当時の案内状に書いたことばです。

鏡像
鏡をくぐりぬけて 左右あべこべの旅にでる
実像と虚像 ユメとウツツ 世界と反世界
サテ、 わたしたちは今 どちら側?

leftright.jpg
「左と右の偶然 Left In the Right Side」

『おなかぺこぺこオノマトペ』

「どきどき」「きゅん」「もぐもぐ」「てくてく」など、日常的に使う擬音語・擬態語=オノマトペを、物語性のあるイラストレーションで表現した日本語と英語の語学絵本です。見るだけでも楽しく、例文や解説を読めばバイリンガルで理解を深めることもできる、「使える」絵本を目指しました。

英語を習いはじめたお子さまや日本語を学習している人に、海外へのおみやげにも、国際交流の場での話題づくりにも、どうぞ!


pekopeko_front_back.jpg
『おなかペコペコオノマトペ / I'm PEKO-PEKO Hungry!』
著者 きのとりこ
英語校正 Shannen Polzin (Go! Go! Nihon)
千倉書房 2019.10.19発行 ¥1500+税
天地182mm×左右120mm, 160p 全ページ3色(特色2色+スミ)
ISBN 978-4-8051-1183-3  C0081

リーフレット(PDF)

kinotori2019_pekopeko_leaflet.pdf

プチノエル展 額付ブローチカタログ

プチノエル展(2018/12/1~12/5 表参道ギャラリーニイク) にて展示販売した額付ブローチと、箱入ブローチを紹介します。
フレームから黒いクッションを取り出して、ブローチの付け外しができます。
額のサイズはすべて天地190mm×左右140mm

cosmo_leaves_bronze_web.jpg葉の中の宇宙(青銅)

cosmo_leaves_green_web.jpg
葉の中の宇宙(翠)

cosmo_leaves_silver_web.jpg
葉の中の宇宙(銀)
(sold)

プチノエル展 オーナメントカタログ

プチノエル展(2018/12/1~12/5 表参道ギャラリーニイク) にて展示販売したオーナメントをご紹介します。
フレームからオブジェを外し、他のところに吊すこともできます。
額のサイズはすべて天地230mm×左右180mm

moon_survay_web.jpgのサムネール画像「月の測量」
(sold)
hikari_leaf_web.jpg
ひかり一葉


tokimeki_tomadoi_web.jpgトキメキとトマドイ
(sold)

BRASS & BEADS after 30 years

bigframe_web.jpg

201812月初旬に開催された第2回プチノエル展で出品したものは、すべて真鍮板に金属やプラスチックのビーズを貼り付けたものなので、この技法をBRASS&BEADSと呼んでカテゴリにまとめました。この技法を最初に用いたのは、1990年のグループ展、テーマは「身体に一番近い立体」でした。その時の出品作(の一部)が上の写真です。これらもすべて、ブローチになっています。


プチノエル展について、まとめました。リンク先をご覧ください。

展示のご報告 *作品のテーマ

個々の作品について:*ブローチ *額付ブローチ *オーナメント

プチノエル展 ブローチカタログ

プチノエル展(2018/12/1~12/5 表参道ギャラリーニイクにて)にて展示販売したブローチをご紹介します。
まずは比較的小さなシリーズ16点。すべて手作りの1点ものです。(最後のもの以外売却済)

br_trianglestar_web.jpg
三角星

br_floartinfstar_web.jpg
はぐれ星

br_redstar_web.jpg
赤キラ星

br_cloud_emerged_web.jpg
雲間の月

プチノエル展「天体夜話」

「天体夜話」
今回のグループ展で、個人的に設定したテーマです。
街ではイルミネーションが輝き、夜空を見上げることも多くなるこの季節、視界を超えた先にあるかもしれない、さまざまな煌めきをイメージして形にしました。どこか知らない森でざわめく木々や、だれも見ることのなかった彗星や流れ星......今夜もたくさんも物語が紡がれ、消えてゆきます。
出品作を一部ここに掲載します。

framed_small_web.jpg
「葉の中の宇宙」シリーズと「彗星の羽根(炎) 」(右上)
ひとつひとつが、長い部分でだいたい100mm〜120mmほどの大きさのブローチです。
黒いクッションに刺して額装し、壁面に飾りました。

brooch_stars.jpg上のものより小さいサイズのブローチです。星や雲などがモチーフ。

brooch_earth_web.jpg「地中の瞬き」シリーズその他

moon_survay_web.jpg
「月の測量」
壁掛け用オーナメント。額の大きさが天地230mm×左右180mm。
フレームから外して、中のオブジェだけ他のところに吊すこともできます。

1  2