作品をテーマ別に見ることができます。旧サイトhttp://www.kinotori.com/selected-works.htmlも併せてご覧ください。

Brass&Beadsの最近のブログ記事

プチノエル展 額付ブローチカタログ

プチノエル展(2018/12/1~12/5 表参道ギャラリーニイク) にて展示販売した額付ブローチと、箱入ブローチを紹介します。
フレームから黒いクッションを取り出して、ブローチの付け外しができます。
額のサイズはすべて天地190mm×左右140mm

cosmo_leaves_bronze_web.jpg葉の中の宇宙(青銅)

cosmo_leaves_green_web.jpg
葉の中の宇宙(翠)

cosmo_leaves_silver_web.jpg
葉の中の宇宙(銀)
(sold)

プチノエル展 オーナメントカタログ

プチノエル展(2018/12/1~12/5 表参道ギャラリーニイク) にて展示販売したオーナメントをご紹介します。
フレームからオブジェを外し、他のところに吊すこともできます。
額のサイズはすべて天地230mm×左右180mm

moon_survay_web.jpgのサムネール画像「月の測量」
(sold)
hikari_leaf_web.jpg
ひかり一葉


tokimeki_tomadoi_web.jpgトキメキとトマドイ
(sold)

BRASS & BEADS after 30 years

bigframe_web.jpg

201812月初旬に開催された第2回プチノエル展で出品したものは、すべて真鍮板に金属やプラスチックのビーズを貼り付けたものなので、この技法をBRASS&BEADSと呼んでカテゴリにまとめました。この技法を最初に用いたのは、1990年のグループ展、テーマは「身体に一番近い立体」でした。その時の出品作(の一部)が上の写真です。これらもすべて、ブローチになっています。


プチノエル展について、まとめました。リンク先をご覧ください。

展示のご報告 *作品のテーマ

個々の作品について:*ブローチ *額付ブローチ *オーナメント

プチノエル展 ブローチカタログ

プチノエル展(2018/12/1~12/5 表参道ギャラリーニイクにて)にて展示販売したブローチをご紹介します。
まずは比較的小さなシリーズ16点。すべて手作りの1点ものです。(最後のもの以外売却済)

br_trianglestar_web.jpg
三角星

br_floartinfstar_web.jpg
はぐれ星

br_redstar_web.jpg
赤キラ星

br_cloud_emerged_web.jpg
雲間の月

プチノエル展「天体夜話」

「天体夜話」
今回のグループ展で、個人的に設定したテーマです。
街ではイルミネーションが輝き、夜空を見上げることも多くなるこの季節、視界を超えた先にあるかもしれない、さまざまな煌めきをイメージして形にしました。どこか知らない森でざわめく木々や、だれも見ることのなかった彗星や流れ星......今夜もたくさんも物語が紡がれ、消えてゆきます。
出品作を一部ここに掲載します。

framed_small_web.jpg
「葉の中の宇宙」シリーズと「彗星の羽根(炎) 」(右上)
ひとつひとつが、長い部分でだいたい100mm〜120mmほどの大きさのブローチです。
黒いクッションに刺して額装し、壁面に飾りました。

brooch_stars.jpg上のものより小さいサイズのブローチです。星や雲などがモチーフ。

brooch_earth_web.jpg「地中の瞬き」シリーズその他

moon_survay_web.jpg
「月の測量」
壁掛け用オーナメント。額の大きさが天地230mm×左右180mm。
フレームから外して、中のオブジェだけ他のところに吊すこともできます。

1