作品をテーマ別に見ることができます。旧サイトhttp://www.kinotori.com/selected-works.htmlも併せてご覧ください。

水彩/水彩キリヌキの最近のブログ記事

『おなかぺこぺこオノマトペ』は、日常的によくつかう擬音語・擬態語をイラストレーションで表し、日本語と英語で解説した本です。各章のテーマにあわせて、画材や技法も変えています。本の後半を紹介します。前半の紹介はコチラ

5. どんな痛みですか? What kind of pain is it?
どこか体の具合が悪いとき、日本語ではオノマトペを頻繁に使います。この痛みは外国(英語圏)の病院でどう伝えればいいのでしょう? 
ph06_medical_01.jpg
線は顔料ボールペン、色面はグレーのマーカーで描いています。この章に限らず、マーカーは塗る紙(和紙やケント紙)を変えるなどして、風合いに変化をつけています。

6. こんなに、さらさら! How smooth and silky!
触った感じ、着た感じを表すオノマトペを集めました。登場するのはオシャレ?な犬や猫たち。種名も小さく書いてあります。この見開きでは、左がアメリカン・ヘアレステリア、右はビション・フリーゼです。
ph07_style_01.jpg
線は顔料ボールペンですが、5章より細字で、より滲みの少ない紙に描いています。

『おなかぺこぺこオノマトペ』


pekopeko_front_back.jpg
『おなかペコペコオノマトペ / I'm PEKO-PEKO Hungry!』
著者 きのとりこ
英語校正 Shannen Polzin (Go! Go! Nihon)
千倉書房 2019.10.19発行 ¥1500+税
天地182mm×左右120mm, 160p 全ページ3色(特色2色+スミ)
ISBN 978-4-8051-1183-3  C0081

絵本のいま 掲載ページ

073_kinotoriko.jpg

上から、近年の仕事として『ミツバチと花の迷宮』 『やさしい死神』 『La nuit ailleurs』 を載せました。

ミツバチと花の迷宮 その2

2019年3月発売
『ミツバチと花の迷宮』より、いくつかのページをご紹介します。

表紙と裏表紙
hb_face_back.jpg

見返し
hb_flyleaf_01.jpg


サワロサボテン(アメリカ、アリゾナ州)hb_spread_cactus.jpg

年賀状2019 亥

己亥
kino19_web.jpg

『ちはやふる』文庫版カバー

bookphoto_three.jpg原作は漫画、映画化(2018.3.17公開)もされた『ちはやふる』のノベライズ文庫版3部作のカバーイラストレーションを担当しました。右から「上の句」「下の句」「結び」。背景の水の流れの文様(観世水-かんぜみず-文様)が、3部を通じて繋がっています。

『世界の名作数理パズル100』


math_bookphoto_B.jpg
math_bookphoto_F.jpg

タイトルどおり、パズルの名作選です。パズル通のかたは絵を見て「あのパズルだ!」と分かるかも知れません。
私は全問トライしましたが......問題文の読解にすら苦労しました( ! )

BB_mathpuzzle_foweb.jpg

表紙から裏表紙まで絵が繋がっています。





年賀状2018 戌

kino18_mail.jpg

年賀状2017 酉

丁酉

nenga17.jpg

年賀状2016 申

丙申(ひのえさる)

nenga16.jpg


1  2  3