作品をテーマ別に見ることができます。旧サイトhttp://www.kinotori.com/selected-works.htmlも併せてご覧ください。

線+水彩の最近のブログ記事

Gallery EF 2010: 出会いと別れ

Hello, Goodbye


kaguya-hime-web.jpg

竹取物語 (右側はスケッチ)

 『竹取物語』の別れの場面は印象的です。これは天の使いが、かぐや姫を迎えに来て、天の羽衣を着せる瞬間。
 「今はとて天の羽衣着るおりぞ君をあはれと思ひいでける」
と詠んだものの、この羽衣をひとたびまとえば、憂い悩む心を失い、別離の情も消えてしまうのでした。月や自然の"非情"こそがこの物語のキモだと私は思っています。

Gallery EF 2004: いつか見た夢

Dreams Come True

DreamParadise-web.jpg夢見図極楽篇

 昔から何度も見る夢の場面がある。中でも、夢見ながら身体が温まり浮遊感をともなうものは、本当に極楽のイメージだ。お釈迦様そのものが夢に出てきたことは無いし、とくべつ信心深くもない私だが、きっとどこかで見守ってくれている何かがあるはず、と、この絵の一番高いところにそれらしき人の像を描いてみた。でも「お釈迦様」とは、芥川龍之介が『蜘蛛の糸』で描いたような、池のほとりに座る気まぐれな方のような気がする、というか、それがいいと思う。
 今回は、長尺の掛け軸ふうの作品にした。実物は幅250mm長さ1090mm。

ちょっと和風

さきごろ2015年11月 "Musical Action Entertainment 倶利伽羅" のロンドン公演、と同時にそのサウンドトラックCD "倶利伽羅 The Legend of Zipang / 佐橋俊彦" が発売されましたが、そのCDブックレットの中でイラストレーションを描きました。ストーリーの説明のところで、登場人物たちを紹介しています。



Shika.jpgのサムネール画像



鹿姫

Ocho.jpgのサムネール画像

お蝶

Oino.jpg
お猪


Isshin.jpg
一心



Nobunaga.jpg
ノブナガ




battleblood.jpg

対決



Taisen.jpg
ノブナガvs.一心

青の情熱 The Passion Blue

frame.jpg
 アンデルセンの『人魚姫』の物語を、人魚姫の視点で読み替え、彼女の綴った恋の歌をイメージしたシリーズ作品です。
 ほぼ一方的に募る王子への思いと、「人間に愛されて永遠の魂を得る」という野心の成就のために、幸運な環境を捨て、自分の大切なもの(=美しい歌声) まで捨てて別世界へと飛び込んでいった、その情熱に敬意を込めて描きました。
(本文12点+表紙&裏表紙各1点=計14点)
◀額装作品(590x275mm) ▼絵本(254x134mm)

cover1+4.jpg

子ども部屋の壁画

 Alisa01.jpg

Alisa06.jpg

Alisa_horse.jpg

Alisa04.jpg

雑貨いろいろ

postcards.jpg
ポストカード 1枚¥100

PCbook02.jpg
PCbook01.jpgのサムネール画像ポストカードブック ¥500

cubebox.jpg
Cube Box
展開図をのり付けして立方体にすると
100mm×100mm×100mm
3色カード付
¥500

tb7a.jpg
tb7b.jpg


てんつなぎ

WW_2345_01.jpg

 『ときどき、世界はこんなふう(Sometimes, I See the World as ......)』

つづく2番目の見開き(写真右)も、2本の線がつづきます、ただし、点を繋ぐことによって。いわゆる「点つなぎ」のあそびです。


WW_45.jpg

「青は青の、オレンジはオレンジの点どうしを番号順につないで、絵を完成しよう!」という文を入れようとしたのですが、「見れば分かる」のでやめました。いやむしろ「番号順につなぐのをやめてどんな絵ができるか試してみて!」と書けばよかったかな。

年賀状2010 寅

| トラックバック(0)
eto10.jpg

年賀状2008 子

| トラックバック(0)
muse08.jpg

2007 「かんたんおしゃれ年賀状2008」(秀和システム) 掲載

1