作品をテーマ別に見ることができます。旧サイトhttp://www.kinotori.com/selected-works.htmlも併せてご覧ください。

*媒体別の最近のブログ記事

不思議の森のノートブック

fushigi2021_front.jpg 「不思議の森のノートブック」の表紙〜挿絵を担当しました。
15cm×15cmの手帖型ムックです。今回は2021年10月〜2021年3月までの暦で、メモなど書きこめるようになっています。この暦の冒頭にくる扉ページに、各月のイメージを描きました。今回はすべて水彩です。
 プロジェクト全体のテーマは「里山」。この冊子は身近な自然の理解を深めるための親子向けイベント等で配布されるようです。

fushigi2021_oct_spread.jpg
▲10月の扉(右ページ) こんな感じの見開きになっています。

fushigi_oct_koyomi.jpg
▲暦のページが続きます。各日に充てられた絵は、昔の博物画等からとられたものです。

HEALTHIST2021の表紙

Yakult社の発行する健康情報誌「ヘルシスト」2021英語版表紙イラストレーションを担当しました。2021版 / 2019版 / 2018版

healthist2021_cover_web.jpg
今回はi「新時代の栄養学」の特集です。
ダブルひと筆描きの手法です。


中学生学習教材の表紙

iWork_assorted_web_kei.jpg

 2021春からの、中学生向け教材の表紙を担当しました。育伸社 「i(アイ)ワーク」のシリーズです。学校教科書準拠教材です。
1年生は、初々しく、伸びやかなチューリップ
2年生は、成長をイメージしたヒマワリ
3年生は、卒業のイメージでサクラ
教科ごとに、「背〜表紙」のバナーの色が異なります。国語=赤、英語=綠、数学=紫、理科≡青、社会=オレンジ(Ⅰ、2年生は地理と歴史に分かれる)になっています。

One-LIne Project 世界は繋がっている

oneline_kino_web.png

板橋区立美術館ボローニャ国際絵本原画展のサイトにて、オンライン・イベントとしてひとつの動画が公開されました。映像クリエーターの石川志保さんの企画による"one line project"です。世界各地のイラストレーターが、一本の線で繋がっていきます。私もはじめてひとふで描きによる数秒の動画をつくりました。多摩川にかかる丸子橋から撮影したビデオに線画を重ねています。
(上の画像は全体の一部、私のパートの画面キャプチャです)。



年賀状素材forプリントボーイ


毎年、プリントボーイ社の年賀状印刷の素材を提供しています。
今年から、カテゴリーの異なる2種類の年賀状の依頼を受けました。「アート年賀状」と「トラディショナル年賀状」。それぞれに異なるお客様の層を想定しているとのこと。
以下の画像はイラストレーションだけの状態です。私の年賀状も同じものを使用していますが、レイアウトを変えています。


*アート年賀状
ox_hp_web01.jpg
*トラディショナル年賀状
ox_hp_web02.jpg

年賀状2021 丑

辛丑
2021_j_web.jpg

年賀状2020 子

庚子
newyear2020_web.jpgのサムネール画像

HEALTHIST2020の表紙

Yakult社の発行する健康情報誌「ヘルシスト」2020英語版表紙イラストレーションを担当しました。 2019版はコチラ / 2018版はコチラ

healthist2020_cover_web.jpg
今回はi地球温暖化の特集です。
ダブルひと筆描きの手法です。

2008年に刊行された『ここにいるよ!めいろないきものたち』は、現在発売中の『ミツバチと花の迷宮』の出発点となった作品で、いまは絶版となり私自身が在庫を保管しております。ときどきギャラリーでの展示の機会に販売していますが、2020年11月〜REWIND BOOKSさんにて取り扱っていただくことになりました。大幅値下げして¥2000(+税)となっております!

aMaze-info-J _2020.jpgfrog.jpg
shell.jpg

"鏡像"展 1991

1991年、ギャラリー・ニッシュ(国内外のデザイナーのジュエリーやインテリア等を扱っていた店)にて「鏡像」展と題して発表した作品です。当時、興味をもっていた理論物理学から着想を得ましたが、それは、G・ガモフの『トムキンスの冒険』や、マーティン・ガードナーの『自然界における左と右』、さらにガードナーが科学的アプローチでマニアックな?注釈を添えまくった『不思議の国のアリス』(石川澄子訳)『鏡の国のアリス』(高山宏訳)---現在は2019年12月刊『詳注アリス』(高山宏訳)が入手可能---等の影響でした。世界の見方が変わる、翻って自分とは何かを考える、その面白さをなにか形にしたくて、鏡を使った作品をいくつか作りました。30年ほど経た今、私自身も「他人の目」でみることができる状態ですが、熱い思いの伝わる作品群ではないかと感じます。
以下は当時の案内状に書いたことばです。

鏡像
鏡をくぐりぬけて 左右あべこべの旅にでる
実像と虚像 ユメとウツツ 世界と反世界
サテ、 わたしたちは今 どちら側?

leftright.jpg
「左と右の偶然 Left In the Right Side」

1  2  3  4  5