作品をテーマ別に見ることができます。旧サイトhttp://www.kinotori.com/selected-works.htmlも併せてご覧ください。

本/雑誌の最近のブログ記事

『おなかぺこぺこオノマトペ』は、日常的によくつかう擬音語・擬態語をイラストレーションで表し、日本語と英語で解説した本です。各章のテーマにあわせて、画材や技法も変えています。本の後半を紹介します。前半の紹介はコチラ

5. どんな痛みですか? What kind of pain is it?
どこか体の具合が悪いとき、日本語ではオノマトペを頻繁に使います。この痛みは外国(英語圏)の病院でどう伝えればいいのでしょう? 
ph06_medical_01.jpg
線は顔料ボールペン、色面はグレーのマーカーで描いています。この章に限らず、マーカーは塗る紙(和紙やケント紙)を変えるなどして、風合いに変化をつけています。

6. こんなに、さらさら! How smooth and silky!
触った感じ、着た感じを表すオノマトペを集めました。登場するのはオシャレ?な犬や猫たち。種名も小さく書いてあります。この見開きでは、左がアメリカン・ヘアレステリア、右はビション・フリーゼです。
ph07_style_01.jpg
線は顔料ボールペンですが、5章より細字で、より滲みの少ない紙に描いています。
『おなかぺこぺこオノマトペ』は、日常的によくつかう擬音語・擬態語をイラストレーションで表し、日本語と英語で解説した本です。各章のテーマにあわせて、画材や技法も変えています。まず前半からご紹介します。後半はコチラ

1. おなかぺこぺこ! I'm hungry!
「おなかぺこぺこ」から、「おなかぱんぱん」にいたるまでの、食べかた飲みかたをご紹介。登場するのは、食べかたに特長のある動物たちです。
ph01_hungry_01.jpg
線は黒のサインペンで、面も黒のサインペンで塗りつぶしています。それぞれにスキャンして、各パーツごとに色を決めています。以下すべて原画は黒で描いています。

2. へとへとです・・・ Exhausted...
「へとへと」が元気を回復するまでの、眠りや目覚めに関するオノマトペ。ここも動物たちの登場です。
ph02_tired_01.jpg
この章も、サインペンを使用。背景を色ベタでそろえています。

『おなかぺこぺこオノマトペ』

「どきどき」「きゅん」「もぐもぐ」「てくてく」など、日常的に使う擬音語・擬態語=オノマトペを、物語性のあるイラストレーションで表現した日本語と英語の語学絵本です。見るだけでも楽しく、例文や解説を読めばバイリンガルで理解を深めることもできる、「使える」絵本を目指しました。

英語を習いはじめたお子さまや日本語を学習している人に、海外へのおみやげにも、国際交流の場での話題づくりにも、どうぞ!


pekopeko_front_back.jpg
『おなかペコペコオノマトペ / I'm PEKO-PEKO Hungry!』
著者 きのとりこ
英語校正 Shannen Polzin (Go! Go! Nihon)
千倉書房 2019.10.19発行 ¥1500+税
天地182mm×左右120mm, 160p 全ページ3色(特色2色+スミ)
ISBN 978-4-8051-1183-3  C0081

リーフレット(PDF)

kinotori2019_pekopeko_leaflet.pdf

『やさしい死神』

lamort_bookface_web.jpglamort_dm_cut_web.jpg2019年2月4日立春に『やさしい死神』が発売されました。この本の原型は、2009年に日本で『わたしの優しい死神』(木耳社)、フランスで "Tendre est La Mort" (Éditions Sarbacane) という題で出版されました。フランス版はその年にLIBBYLIT賞(ベルギーにおける仏語絵本最優秀賞)を受賞し、その後イタリア語、中国語に翻訳されました。国や言語が違っても、共感を得られるテーマなのだと、私自身が考えさせられました。 (リンク先は旧サイトのページで、上記の2冊は現在、日本でもフランスでも売られていません)

それから10年が経ちましたが、このテーマは「今こそまた世に出すとき!」と、熱いエールを受けて、新装版が千倉書房より出版される運びとなりました。
ブックセラピストの元木忍さんから受けたインタビューです。"ひとりで頑張っている"ひとへ。

出版に先行して2月2日に、イベントが行われました。昨年末、千倉書房より『薔薇を脱ぐ』を出版したmajoccoさんと、ゲストにファッションクリエイーターのmillnaさんをお迎えしたトークイベントです。過去記事ですが以下に詳細があります。

絵本のいま 掲載ページ

073_kinotoriko.jpg

上から、近年の仕事として『ミツバチと花の迷宮』 『やさしい死神』 『La nuit ailleurs』 を載せました。

ミツバチと花の迷宮 その2

2019年3月発売
『ミツバチと花の迷宮』より、いくつかのページをご紹介します。

表紙と裏表紙
hb_face_back.jpg

見返し
hb_flyleaf_01.jpg


サワロサボテン(アメリカ、アリゾナ州)hb_spread_cactus.jpg

ミツバチと花の迷宮 その1

新刊発売!
2019年3月8日(ミツバチの日!)発行、2月25日発売。

HB_cover_forPub.jpg紹介文より:
世界中で植物の受粉に欠かせないミツバチ。その活躍と蜜源植物の多様性を、迷路をたどって、ぬりえをぬって、ミツバチ目線で楽しむ科学絵本。ミツバチと私たちと自然の関わりに目を開かされる一冊。巻末にはミツバチの生態などについてさらにくわしく知ることができる資料ページ付き。

評論社 ¥1800+税
天地240mm×左右257mm 48p 全ページカラー 並製
ISBN: 978-4-566-02386-4

HB_pub_rose_web.jpg
ブルガリアの薔薇の谷、ダマスクローズのページ

hb_pub_info_web.jpg
資料ページ:ミツバチの暮らし

HEALTHIST「ノーベル医学・生理学賞」の特集

Yakult社の発行する健康情報誌「ヘルシスト」英語版表紙イラストレーションを担当しました。

covershot_for_web_small.jpg
 2018年10月、本庶佑氏がノーベル医学生理学賞を受賞されたタイミングで発行されたものが、偶然にも同賞に関する特集。歴代の日本人受賞者の他、この分野に貢献された方々に関する記事が満載です。

『吐田家のレシピ』カバーなど

渡辺浩弍著 星海社『吐田家のレシピ』のカバー、表紙、本文扉絵などを描きました。
装幀はヨーヨーラランデーズさんです。
いろいろあってシングルファーザーになった、吐田君とその娘グミコさんの父子物語です。ふたりの間の空気感の変化や日常の機微を2本のひと筆描きの線(どちらがどちらの人物というわけでなく)表現できたらと思いました。温かく見まもりたい登場人物たちです。

ところどころ水彩のモチーフを配しました。

cover_front_back.jpg

表紙と裏表紙は続いています。↑
もっと言うと、両袖まで繋がって、丸めるとループします。↓

cover_frontback.jpg

『音律と音階の科学』カバー



music_bookphoto_web.jpg

music_bookphoto_obi_web.jpg

講談社ブルーバックス『音律と音階の科学ー新装版』のカバーイラストレーションです。オレンジ色の線と紫色の線が、それぞれ一筆描きでループになってる、ダブルひとふで描きの手法です。右はオビが巻かれた状態。オオカミとバイオリンが飛び出て、ちょっとだまし絵風に見えます。


初期の音楽教育をドレミ......で習ってきたので、「ドとレの間にある高さの違う無限の音」の存在を忘れていたのですが、自然界の音はなだらかなスロープ上にあって、それをドレミなどの階段(=デジタル)にしているのは、人がつくったルールなのでした。
そんなことにあらためて気づかされた本書より、絵のモチーフに選んだのは:
ピアニスト、12段で一周するらせん階段、アナログ楽器としてのバイオリン、自然界の音としての小鳥のさえずり、「ウルフ」と呼ばれる不快な音...など。

講談社ブルーバックのシリーズでは他に、『細胞の中の分子生物学』『世界名作数理パズル100』のカバーを描いています。
1  2  3