作品をテーマ別に見ることができます。旧サイトhttp://www.kinotori.com/selected-works.htmlも併せてご覧ください。

本/雑誌の最近のブログ記事

切り絵絵本 "La nuit, ailleurs"

"La nuit, ailleurs" 『夜のどこかで』
" Quand petit Tomo dort "に続く、Grandir社のレーザー工房で製作した、全ページキリヌキの蛇腹本第2弾前作と同じく、これもまた満月の夜の物語。

Lanuit_covers.jpg
左:表紙 レーザーカットされた白いカバーの下にはもう1枚、
銀色の紙が巻かれており、切り抜いた穴から光沢のある色が見える。
右:裏表紙にはフランス語で詩のような紹介文。
--- 夜 世界のいたるところで
いきものたちは それぞれに
蜜を吸い 獲物を狩り うごきまわって ---

Lanuit_silverjacket.jpg
内側に巻かれた銀色の紙を取り除くと、本の表紙は藤色。隠し味?です。
表紙のモチーフは月下美人のつぼみ。

Lanuit_zigzag04.jpg
表紙の方向からみた蛇腹。花ひらいた月下美人、マレーバクの親子、ブドウの蔓、ウサギのいる木立、雪の降る山......そのむこうに見え隠れするのは......?

新刊でました"Quand petit Tomo dort"

"Quand petit Tomo dort" 『ともくんが眠る間に』
Grandir社のレーザー工房で製作した、全ページキリヌキの蛇腹本。
文章はなく絵だけで綴った、満月の夜の物語。

PTbook_cover&tobira.jpg
左:表紙 白いカバーの下にはもう1枚、ブロンズ色の紙が巻かれており、
切り抜いた穴から光沢のある色が見える。
右:表紙をめくったところ。トビラのタイトルもレーザーカット。


PT_fromfront02.pngトビラをめくると最初の場面。切り抜いた穴からその先のページも見える。
紙の色は白(アイボリー)



PT_zigzag01.jpg
光が落とす影。ここまでは予想してデザインしていたが......


『細胞の中の分子生物学』

BlueBacks_cover.jpg

 カバーイラストレーションを描きました。著者は京都大学大学院 森和俊教授です。

 DNAの二重らせん構造と、ダブルひとふで描きの手法があっているから、とのご依頼。 ある時期むさぼり読んだ、ブルーバックスのシリーズに携われて嬉しい仕事でした。

2016.6.14


Gallery EF 2006: Kiss, Kiss, Kissin'

Kiss, Kiss, Kissin'

KissA-b.jpg
KissA-f.jpg
楽園 PARADISE

 天使と悪魔のキスを描いて"PARADISE"と題した。西洋的な価値観からすればアウトかもしれない。どちらが天使でどちらが悪魔かも曖昧だし、はたしてこのKISSは愛なのか憎しみなのか......背き合う二人と向かい合う二人の2点に分けて出品したが、つなげると下のように連続模様になる。ガムテープとかマスキングテープにならないかしら。


KissA-wide.jpg



ちょっと和風

さきごろ2015年11月 "Musical Action Entertainment 倶利伽羅" のロンドン公演、と同時にそのサウンドトラックCD "倶利伽羅 The Legend of Zipang / 佐橋俊彦" が発売されましたが、そのCDブックレットの中でイラストレーションを描きました。ストーリーの説明のところで、登場人物たちを紹介しています。



Shika.jpgのサムネール画像



鹿姫

Ocho.jpgのサムネール画像

お蝶

Oino.jpg
お猪


Isshin.jpg
一心



Nobunaga.jpg
ノブナガ




battleblood.jpg

対決



Taisen.jpg
ノブナガvs.一心

『ビブリオパイカ』のカバー

BP_front_side01.jpg
 斎藤環氏の書評集『ビブリオパイカ』が6月25日に発売されます。カバーイラストレーションを担当しました。昨年の展覧会を見てくださったデザイナー粕谷浩義氏のディレクションで、ダブルひとふで描きの手法を用いました。この本のオビには「書淫濫読 縦横無尽」のキャッチコピーが。あらゆるジャンルの書物をめぐる、知的に淫らな?この書評集のイメージが伝われば幸いです。

BP_spine.jpg
BP_back_side01.jpg
 厚みがあるので、本だけで立ちます!背は「書棚に並んでいても手にとって」と願って、こんな感じに。

宇宙時代の美意識

MirM_cover.jpg

 2002年の仕事です。立ち上がったばかりのNPO法人に関わる機会があり、その機関誌の企画に参加して、ディレクション〜デザイン・編集・イラストレーションを担当することになりました。

 宇宙時代で暮らすことが夢物語ではないこれからの時代、「技術や生活の変化に伴って、ものの考え方や美意識も変わるだろう」という切り口で毎号テーマをしぼり、続けて発行していく予定でした。ですが、なにしろ人材不足 (私が編集しているくらいですから! )、ゆえに創刊号で立ち消えに!ココロザシを宣言したのみで終わってしまいました。タイトルの「ミールメチティ」はロシア語の「ミール(世界)」と「メチタ(夢)」を組み合わせた言葉だそうです。



干支のどうぶつで迷路!


 2006年に発売された『十二支動物のヒミツ』という本の、裏表紙に使用されたイラストレーションです。迷路になっています。入口と出口は→で示されています。来年の干支、巳年からスタート!



snake.jpg

horse.jpg

sheep.jpg

monkey.jpg

chicken.jpg

dog.jpg

「地球がもし100cmの......」から抜粋

 先日の日曜日(2011年7月31日)の朝日新聞朝刊の読書面「ニュースの本棚」にて、椎名誠氏が紹介してくださった『地球がもし100cmの球だったら』(永井智哉・文/ 木野鳥乎・絵 世界文化社) 。2002年初版ですが、ここではじめて中のイラストレーションを紹介します。(これに、タイトルやテキストが載ります)

cover_ill.jpg

カバー・イラストレーション


no2.jpg
地球が直径100cmの球だとしたら、月はどれくらい?













no7.jpg
「動物づくし」。
ほかに「虫づくし」のページも。

妖しい花々

| トラックバック(0)
opmook_1.jpg
omook_others.jpg

opmook_2.jpg
opmook_4.jpg
opmook_3.jpg


2010 10月 オレンジページ・ムック 二色刷り用水彩画

1  2