作品をテーマ別に見ることができます。旧サイトhttp://www.kinotori.com/selected-works.htmlも併せてご覧ください。

広告/宣伝/販促品の最近のブログ記事

竜宮城に行けたなら

doublelines_summer16.jpg


 「うららかな日々」の次号、夏の表紙はこれでした。(使用されたものとは色を変えてあります)

南国の海でシュノーケリングやダイビングを体験した時のあの浮遊感、あの光景。陸上とはちがう時空の感触に、浦島太郎の気持ちがちよっとわかるような気がしました。

Gallery EF 2001: 二十世紀のタイムカプセル

The Time Capsule of 20th Century

2001_capsule.jpg
「21世紀へ......」

  前世紀(!)の年末、ある1枚のFAXが届き、ギャラリー・エフでの新春企画への参加を打診された。どこで私の作品を見てくれていたのか、ギャラリー主宰の猪瀬さんから、はじめて声がかかり、緊張したのを覚えている。
 テーマは「20世紀のタイムカプセル」。過去から未来に向けて希望の持てるような作品にしたく、タイトルは「21世紀へ......」。このイラストレーションは、2001年元旦の新聞のなにかの特集の記事に使用された。こうして、この年から新春企画展にほぼ毎年参加することになる。(2002年は同ギャラリーでの個展を控え、そちらに集中するため不参加)

ヨガスタジオのロゴ


Cococitta_Logo_color.png


「cococitta(ココチッタ)」という名のヨガスタジオからの依頼でつくったロゴのご紹介です。「ここちよさ」を感じさせる名音のなかには、サンスクリット語の「citta=心」が織り込まれています。鳥のイメージで、というリクエストがありました。陰陽のエネルギーの巡りと飛翔のイメージを表現できたら、とダブルひとふで描きの手法でつくりました。

Toriko Brand Vol.9

WW_sample01.jpg

 画像は『ときどき、世界はこんなふう(Sometimes, I See the World as ......)』の表紙と中の見開き2面の重なりです。A5サイズ・全16ページ・フルカラー・中綴じ。

 今年の春ごろからずっと、このブックレットのための絵を描いていました。この冊子、実はTorikoBrandという一連のシリーズの9作目です。8作目はいつだったかというと......1999年(!?) 昔!

 TorikoBrand は私のイラストレーションをPRするために、定期的に作っていた印刷物のシリーズですが、2000年以降は絵本制作にシフト(?)し、たまたま最初に作った『なないろえほん』がボローニャ(国際絵本原画展)などで評価されたので、しばらくその方向に専心していたのでした。絵本制作の過程でさまざまな技法やスタイルにチャレンジし、その試行錯誤は楽しくもあり、少し成果もありましたが、イラストレーターとしては印象が「とっちらかってしまった」かもしれない思いました。そこで久しぶりに、絵本で採用した"さまざま"をまとめて見ていただきたくなった次第です。

 というわけで、これは「絵本ふう」にはなっていますが、いわば私の仕事見本カタログなので、広告制作会社・出版社・アートディレクター・デザイナー・編集者など主に仕事で関わる方々にお配りしています。中身はこれから少しずつ、このブログにて紹介していくつもりです。(一般販売は検討中)

 こうして出来上がると「あれも描きたかった、これもいれるべきだった」と欲がわくので、また作りたくなりますね。あ、その前に、仕事に結びつくことを願っております!


 以下、過去のTorikoBrandシリーズのリストです。

宇宙飛行士会議

2003年、東京・日本科学未来館で開催された「第十八回宇宙飛行士会議のイラストレーションと、そのポスター。前へすすむ勇気とそれを支える知識を、女の子と男の子で表現しました。その年の初めにスペース・シャトル / コロンビア号の事故で亡くなられた7名の宇宙飛行士を悼み、七つの星を描きました。
ポスターには、参加した世界各国の宇宙飛行士たちの直筆サインが書かれています。

aseposter.jpg
ASEposter_18.jpg


幻のスカイツリー・グッズ

 東京スカイツリーが5月22日ついにオープン!これを記念して(!?)、昨年のうちに依頼を受けて製作し、紆余曲折を経たのち、結局実現されなかった(つまり未使用) "スカイツリー手ぬぐい" のデザイン、けっこう気に入っているのでコンセプトなども添えてここに公開してしまいます。3シリーズ考えました。


A: "籠垣根見立季節寄(かごかきねみたてのきせつよせ)"  シリーズ

スカイツリーの外観(鉄骨?)を垣根や籠に見立て、季節ごとの動植物などを配したデザイン。格子の「粋いき」と草木虫魚を筆で描いた「雅みやび」の組み合わせがポイント。瓜、朝顔、藤、秋の虫、貝などモチーフはいろいろ。

左:東京天空樹見立垣根撫子尽 (とうきょうスカイツリーみたてかきねなでしこづくし)

右:東京天空樹見立垣根菊尽 (とうきょうスカイツリーみたてかきねきくづくし)


Kakine_nadeshiko.jpgKakine_kiku.jpg

1