作品をテーマ別に見ることができます。旧サイトhttp://www.kinotori.com/selected-works.htmlも併せてご覧ください。

ノベルティーの最近のブログ記事

不思議の森のノートブック

fushigi2021_front.jpg 「不思議の森のノートブック」の表紙〜挿絵を担当しました。
15cm×15cmの手帖型ムックです。今回は2021年10月〜2021年3月までの暦で、メモなど書きこめるようになっています。この暦の冒頭にくる扉ページに、各月のイメージを描きました。今回はすべて水彩です。
 プロジェクト全体のテーマは「里山」。この冊子は身近な自然の理解を深めるための親子向けイベント等で配布されるようです。

fushigi2021_oct_spread.jpg
▲10月の扉(右ページ) こんな感じの見開きになっています。

fushigi_oct_koyomi.jpg
▲暦のページが続きます。各日に充てられた絵は、昔の博物画等からとられたものです。

パナソニック ミュージアムのビジュアル

Pmu_goods01b_web.jpg
2018年創業100周年を迎えたパナソニック株式会社は、この節目にそれまでの「松下幸之助歴史館」を建替え、3月に新たにパナソニック ミュージアムを開館しました。その「パナソニック・ミュージアム:松下幸之助歴史館/ものづくりイズム館/さくら広場」のリーフレット等のイラストレーションを担当しました。写真左上から右回りに、紙袋・リーフレット・封筒・ビニール袋(大/小)です。繊細すぎて見えにくい(!?)
画像をクリックすると拡大表示されます。

Pmu_bag_01b_web.jpg紙袋のイラストレーションは、表から裏へと繋がっていてループしています。

パナソニック社の理念を表す3つのP="Person, Products. Philosophy" をそれぞれブルー、ブラック、グレーの線で表しています。その3本の線が絡み合って様々なモチーフを構成しながら、繋がっていく......連綿と続く歴史、受け継がれる企業理念をイメージしています。3色なのでちょっと変則的なダブルひとふで描きの手法です。

幻のスカイツリー・グッズ

 東京スカイツリーが5月22日ついにオープン!これを記念して(!?)、昨年のうちに依頼を受けて製作し、紆余曲折を経たのち、結局実現されなかった(つまり未使用) "スカイツリー手ぬぐい" のデザイン、けっこう気に入っているのでコンセプトなども添えてここに公開してしまいます。3シリーズ考えました。


A: "籠垣根見立季節寄(かごかきねみたてのきせつよせ)"  シリーズ

スカイツリーの外観(鉄骨?)を垣根や籠に見立て、季節ごとの動植物などを配したデザイン。格子の「粋いき」と草木虫魚を筆で描いた「雅みやび」の組み合わせがポイント。瓜、朝顔、藤、秋の虫、貝などモチーフはいろいろ。

左:東京天空樹見立垣根撫子尽 (とうきょうスカイツリーみたてかきねなでしこづくし)

右:東京天空樹見立垣根菊尽 (とうきょうスカイツリーみたてかきねきくづくし)


Kakine_nadeshiko.jpgKakine_kiku.jpg

1