作品をテーマ別に見ることができます。旧サイトhttp://www.kinotori.com/selected-works.htmlも併せてご覧ください。

PR誌の最近のブログ記事

不思議の森のノートブック

fushigi2021_front.jpg 「不思議の森のノートブック」の表紙〜挿絵を担当しました。
15cm×15cmの手帖型ムックです。今回は2021年10月〜2021年3月までの暦で、メモなど書きこめるようになっています。この暦の冒頭にくる扉ページに、各月のイメージを描きました。今回はすべて水彩です。
 プロジェクト全体のテーマは「里山」。この冊子は身近な自然の理解を深めるための親子向けイベント等で配布されるようです。

fushigi2021_oct_spread.jpg
▲10月の扉(右ページ) こんな感じの見開きになっています。

fushigi_oct_koyomi.jpg
▲暦のページが続きます。各日に充てられた絵は、昔の博物画等からとられたものです。

HEALTHIST2021の表紙

Yakult社の発行する健康情報誌「ヘルシスト」2021英語版表紙イラストレーションを担当しました。2021版 / 2019版 / 2018版

healthist2021_cover_web.jpg
今回はi「新時代の栄養学」の特集です。
ダブルひと筆描きの手法です。


HEALTHIST2020の表紙

Yakult社の発行する健康情報誌「ヘルシスト」2020英語版表紙イラストレーションを担当しました。 2019版はコチラ / 2018版はコチラ

healthist2020_cover_web.jpg
今回はi地球温暖化の特集です。
ダブルひと筆描きの手法です。

HEALTHIST 2019の表紙

Yakult社の発行する健康情報誌「ヘルシスト」2019英語版表紙イラストレーションを担当しました。2018版はこれです。

covershot2019_web.jpg
今回はiPS細胞の特集です。
ダブルひと筆描きの手法です。

鷹と桜

Aeolus_winter17_hawk.jpg


Aeolus_spring17_sakura.jpg


某企業社内報の表紙に使用されたイラストレーションす。
新年(冬)号と春号より。


森は収穫祭

doublelines_autumn16.jpg


 「竜宮城に行けたなら」の次号、秋の表紙はこれでした。(使用されたものとは色を変えてあります)


竜宮城に行けたなら

doublelines_summer16.jpg


 「うららかな日々」の次号、夏の表紙はこれでした。(使用されたものとは色を変えてあります)

南国の海でシュノーケリングやダイビングを体験した時のあの浮遊感、あの光景。陸上とはちがう時空の感触に、浦島太郎の気持ちがちよっとわかるような気がしました。

うららかな日々



doublelines_spring16.jpg

 画像は、「冬のつばさ」とおなじ、某企業の社内報イラストレーションです。花から花へと輪を描くように飛ぶ蝶たち。夏の気配も感じられる今日このごろです。

 先日の「愛鳥週間の」鳥づくしの数字さがしの答えはコチラです。

冬のつばさ

doublelines_winter16.jpg



この画像は、某企業の社内報の「冬」号に使用されたものです。(色は変えました)

宇宙時代の美意識

MirM_cover.jpg

 2002年の仕事です。立ち上がったばかりのNPO法人に関わる機会があり、その機関誌の企画に参加して、ディレクション〜デザイン・編集・イラストレーションを担当することになりました。

 宇宙時代で暮らすことが夢物語ではないこれからの時代、「技術や生活の変化に伴って、ものの考え方や美意識も変わるだろう」という切り口で毎号テーマをしぼり、続けて発行していく予定でした。ですが、なにしろ人材不足 (私が編集しているくらいですから! )、ゆえに創刊号で立ち消えに!ココロザシを宣言したのみで終わってしまいました。タイトルの「ミールメチティ」はロシア語の「ミール(世界)」と「メチタ(夢)」を組み合わせた言葉だそうです。



1