Back to "HOME"
Back to "Picture Books" Menu



About the Picture-Book
"ABC out of WWW"

*2003年 OPLA(子どものためのアーティストブックを収集している イタリアの図書館のプロジェクト) 収蔵*
*2003年 金沢21世紀美術館 収蔵*

 英語のアルファベットによる、自作のことば遊びの詩を、長い蛇腹本に仕立てました。2003年4月制作。テキスト(詩)は、1995年にWEB絵本として "ABC on WWW"というタイトルで発表したもので、ひとつの詩がクリックで前半と後半に分かれているものでした。この構造を再現するために見開きページを "山折り" にし、最初は隠れていた後半のページを紙を伸ばすことで見えるようにする、蛇腹 "WWW" のカタチにしました。
 天地=17cm、幅=つなぎ目なし6メートルの紙は、高知の工房が2003年になって新しく開発した楮入りの和紙で酸化に強い中性紙、薄くて丈夫。製品として使用されたのは、この作品がはじめてという。
 印刷はQbic(キュービック)。和紙ロール紙に顔料インクで画像を出力したときの独特の風合いを「染め摺り」と称し、過去の浮世絵の復刻から現代の作家の作品、舞台美術からディスプレイまで手がける現代の刷り師、木田俊一氏の印刷工房。顔料インクは水に強く耐光性にも優れている。
 製本は美篶堂の上島松男氏。6メートルの長さの紙は機械に入らないので、蛇腹のページは全部手作業で折られ、ひとつひとつ製本された。
 この本のサイズだと90センチ幅のロール紙に、1回の出力で4冊分の印刷が可能な為、2回刷った第1ロットは8部、1回刷った第2ロットは4部限定。製本の難度が高く、おそらくこのカタチでは今後の再版なし。一冊一冊ロット番号と通し番号としてのエディションナンバー、サイン入り。30,000円+税。現在は展示やイベントなど特別の機会での販売のみ。
アルファベットの頭韻詩、左頁が "上の句" で右頁が "下の句"。クリックで画像が拡大されます。

O.P.L.A. について
 O.P.L.A. とは、イタリア語で"Oasi Per Libri Artistici (アートブックのオアシス)" の略です。イタリアの北、ドイツ国境近くにあるメラノ市立図書館が収集している "アーティストによる子どものための本" のコレクション名です。
 2007年に、設立10周年記念のイベントとして、収蔵本の展覧会がありました。右の本は、コライーニ社からこの展覧会図録として出版されたものです。ブルーノ・ムナーリやエンツォ・マーリ、ホアン・ミロからアンディ・ウォーホール、そして日本から駒形克己氏、そのほか古今東西のアーティストたちのユニークな絵本、初版本や私家版・部数限定本も紹介されています。このO.P.L.A.に拙著もいくつか収蔵されていますが、そのなかの「ABC out of WWW」が展示され、カタログに掲載されました。
 "子どものための" "本"とは何か、さまざまな "アーティスト" の試みを通じて、コレクションのタイトルそのものの意味を探ることが、このプロジェクトのひとつの意図であることが見えてきます。



"Children's Corner"
Maurizio Corraini s.r.l.

OPLA 10周年展での "ABC out of WWW" の展示 / 図書室内


copyright: 2003 Kinotoriko